大人のアトピーも多い

大人のアトピーも多い

子供の頃にアトピーだったけど、成長するに伴って治って行くという人がいます。これは、子供の皮膚そのものが弱く、バリア機能が低いことでアトピーになっていた例です。
しかし、大人になっても治らない場合もあります。または、いったん治っていたアトピーが再び起こるということもあるようです。
これらにはどのような原因があるのでしょうか。
成長するに伴って、皮膚のバリア機能は高くなっているのだとしたら、それ以外の理由ということになります。
それは、ストレスや住環境や食生活にあると言ってもいいでしょう。
最近では、自炊をしなくても食事を賄うことができるようなっていますから、そのような食生活によって偏った栄養しか摂れていなかったり、身体に悪いものばかりを食べていたりすることもあるでしょう。
そして、ストレスは発症原因にもなりますが、症状が悪化する原因にもなっているようです。

 

●ストレスはアトピーにとってのカギ
ストレスがかかってくると、アトピーの症状が悪化するという人がいます。
かゆみが増したりするのです。
ストレスを上手に解消することによって、アトピーの症状を抑えることができるとも言われています。
●環境
住環境も大事です。部屋をキレイにする、清潔な寝具を使うなど身の回りの肌に触れるものに注意を払うようにしましょう。